toggle
2021-10-15

太秋酒場で吞める日!?が…

両手の何やら持って「珈琲のある夕暮れ。」にご来店の紳士。
”キズもので商品にならんやつやけどな(笑)”。
そして少し間を置き、”でも、皮をむけばまったくおんなじ(大笑)”。
彼より頂戴したのは大きな柿でした。
そのとおり。
僕は無難な優等生よりも、キズついたホントの優等生に魅力を感じますっ↑…。
もちろん、優等生も大好きですけどね(苦笑)。
柿は太秋(たいしゅう)。
この甘さと歯ごたえはたまりませーん。
秋の味覚、万歳&感謝。。。
そうそう、愛知では来週から時短営業解除でアルコール提供もOKになるそうです。
太秋酒場で吞める日が近いっ。
おっと、太秋を大衆と訂正します。

勅使河原さんの太秋…
柿に夏季、花器と牡蠣、下記…。僕はぜーんぶ、イントネーションが同じです。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です