toggle
2022-08-13

夢はネオチューバー!?…

そもそも、僕もはじめなければいけないのか。
でも、その面白みにのめり込んで、ほかのお仕事がおそろかになるかも…。
ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よりお借りした文庫本です。
『東京プレデターズ/七尾与史著』-。
きっと、ネオチューブとはYouTubeのことでしょう。
怪獣映画の制作を夢見つつ、底辺生活を送る須山民夫が主人公。
彼は懸賞サイトで小型カメラを当てたことで、生活が一転する?
早速、大学の先輩だった阿知良サトシに会社を無理やり辞めさせられ、
動画配信サービスでのブレイクを目指す羽目に。。。
阿知良に誘われたのは、ほかに女優志望の森元蘭子。
3人で「東京プレデターズ」を結成し、未解決事件に挑みます。
最初の事件は、”ネオチューバー殺戮ホテル事件”。
ホテルでのライブ中継で起こした惨劇の真相とは何か。
3人にも同様な怪奇現象が起こってしまいます。
底辺生活もこれまで。
上昇なのか下降なのか、前途多難の動画を再生しましょう(笑)。

東京プレデターズ/七尾与史著
焙煎や珈琲の淹れ方など、動画で配信する有名ユーチューバーとなるのか?…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。