toggle
2019-08-28

夢の中で、『ゆめをみた』…

アンリ・ルソーの『夢』が表紙です。
「珈琲のある朝。」にご来店の淑女よりお借り文庫本を完読しました。
『楽園のカンヴァス/原田マハ著』-。
そもそも、ルソーの作品だとは知りませんでした。
読んだ後で、これが『夢』なのか。
きっと、表紙が気になって読みはじめた方もいるのでしょう。
そちらが大半(笑)。
ルソーの『夢をみた』が真贋のどちらか。
2人のキュレーターが7日後に答えを出す。
『ゆめをみた』は現実にある?…。
現実にあるのでしょう。
本作のつづきがあるのなら、次回の表紙に期待しましょう。
夢の中で、『夢をみた』。

芸術の秋を迎える前に読むにふさわしい小説でした。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です