toggle
2020-05-23

城田との友情は深まったの!?…

著者の刑事ものを何冊か読んでいますが、
警視庁と神奈川県警は何かと対抗意識が高いイメージ。
果たして、福島県警との間柄はどうでしょう?
「珈琲のある昼下がり。」の紳士よりお借りした文庫本です。
『奪還の日 刑事の挑戦 一之瀬拓真/堂場瞬一著』-。
東京の新橋で発生した強盗殺人事件の指名手配犯が福島県で確保された。
警視庁捜査一課の一之瀬らは、身柄を引き取るため福島県警へと向かう。
楽な任務だったハズが、護送車が襲撃され…。
さぁ警視庁と福島県警の合同捜査がはじまりました。
目的は、逃走する指名手配犯を確保することのみ。
それのみなのに、利権争いが何かと阻もうとしている…。
福島県警に異動となった同僚との絆は、どうなるのでしょう。
奪還。
欠点を奪還することはできないのか、一之瀬拓真の挑戦はつづきます。

奪還の日 刑事の挑戦・一之瀬拓真/堂場瞬一著
無駄な利権争い!?…。対峙していなければ、すんなり確保できたのかもしれない。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です