toggle
2018-02-18

名鉄電車と言えばパノラマですが…

正式にはパノラマカー。
どこかの博物館にあるジオラマでは、パノラマカーの模型が走っているかもしれません。
「珈琲のある昼下がり。」の紳士よりお借りした文庫本。
『ジオラマ/桐野夏生著』を完読しました。
禁断の地へと足を向けた先は?…。
初めて読む作者のサスペンス的な短編集です。
表題の「ジオラマ」-。
この先も安泰と思われた人生が転落へと進みました。
踏ん張りどころなのに、主人公が行く先はひとつ下の階。
ベランダから見上げとそこは、奈落の底だったのかもしれません(苦笑)。
お帰りなさいませ。
旧正月で、中国から長期休暇で帰国の紳士。
本棚に並べられないほどの文庫本がまたまた到着しました。
「珈琲のある読書。」は永遠か(笑)。

dioramaの中にdoramaがありました。愛もありますがそれは違うか…。dioramaの中にdoramaがありました。愛もありますがそれは違うか…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です