toggle
2021-01-19

判定は速さと薄さの総合でしょ…

“コロナ禍で年始に孫や子どもが集まらなくってさー、
いつもだったら足りないくらいだったのにね(苦笑)”…。
「珈琲のある朝。」にご来店の馴染みの紳士が嘆いていました。
彼よりおすそ分けに頂戴したのは信州の林檎です。
残念ながら、林檎をほおばるみんなの笑顔をみることはできませんでした。
お爺ちゃん兼お父さんの嘆きはごもっとも。
我が家も集合することができず、歯がゆい想いです。
よしっ、今度集合する際は林檎の皮むき大会でも開催するかな(笑)。
ウィルス収束で、来年始は一同集合できればいいな。
否、もっと早くたって構いませんっ。

信州の林檎
来年のお正月は、林檎の皮むき大会を開催しましょ。僕、意外と得意です(笑)…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です