toggle
2021-08-25

再会して人生が変わったとしても…

ビートたけし、とんねるず、中島みゆき、そしてタモリ。
オールナイトニッポンが翌朝の話題になることもありました。
パーソナリティーって肩書きでなく、今もディスクジョッキー。
DJって言い方が好きです。
ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よりお借りした文庫本です。
『ハレルヤ!/重松清著』-。
アカネたち5人は、学生時代のバンド仲間。
社会人になって、それぞれ子育てや仕事、恋愛に奮闘をつづけていた。
あれっ、気がつけばもう46歳っ(驚)。
もう音楽さえあればゴキゲンだった青春時代とは違う。
”人生の後半戦”。
アカネは、伝説の男、キヨシローが遠くへ旅立ったあの日に5人と会うべく旅に出る。
結果、やっぱり全員音楽に関わっていなかった。
それでも、この旅にはかなりの収穫はあったと思う。
僕は彼らが再会する歳よりも5つ歳上です。
でも、まだまだ人生の後半戦だとは思っていない。
RCサクセションの音楽がビンビンに聴こえそう?
確かにかなりの音で聴こえました。
そして、ビタースウィート・サンバのメロディーも心の中で響きます。
今は翌朝の”さて焙煎です。”のために熟睡の最中。
でも、たまにはラジオを聴きながら夜更かしでもしてみるか。

ハレルヤ!/重松清著
決して長く聴いてはいられない5人のバンドによる演奏。でも連中が楽しければいい。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です