toggle
2016-04-27

再び、「珈琲のある読書。」で経済のお勉強…

TOBって、”ティー・オー・ビー”。
マクドナルドの何かを略した感じがするのは僕だけでしょうか…。
“ぐぅー”ってお腹が鳴ったからなのかもしれません。
「珈琲のある昼下がり。」の紳士からお借りしたのは『双子の悪魔/相場英雄著』-。
大和新聞の菊田美奈子は経済部でなかなかのやり手なのですが、
レストランチェーンの西太后に対するTOB情報を入手したことにより、
彼女のキャリアが株と同様に急下降してしまう。
しかもそれは、彼女への復讐でもあり…。
それでもジャーナリズムの心を強く持つ敏腕記者が真実を追究します。
「珈琲のある朝。」に新聞は必須。
経済面はいつも簡単に目を通すのみですが、
そこに人間のおどろおどろしいところがあるのでしょうか。
とりあえず、ダイヤモンドのマークが3つの自動車メーカーにはがっかりです。
さぁ次なる読書こそ、珈琲ショップでなくバーでしょう…。

ビシエドがまたホームラン!!ってスポーツ面↑。ビシエドがまたホームラン!!ってスポーツ面↑。レオンのレロンは双子ではない。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です