toggle
2022-04-20

僕ならまず六花亭へGo!…

ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よりお借りした文庫本です。
『旅屋おかえり 丘の上の賢人/原田マハ著』-。
売れないタレント、”おかえり”こと丘えりかがヒロインです。
今は依頼人に代わって旅をする「旅の代理人」として活躍中。
前作の秋田での初仕事を終えたところから物語ははじまりました。
さて、次の旅先は?…。
なんと北海道ってことは断らないといけない。
故郷でもある北海道には帰らないと心に誓ったおかえりがどうして引き受けたのか。
SNSのある動画に映っていたある人物。
彼はかつての恋人なのかもしれない。
それを確かめてほしいとの依頼です。
ということは依頼者も北海道に行けない理由があるわけで。。。
おかえりは依頼者を満足させるお土産を持って帰ることができるのでしょうか。
それは宅配で送れるものではありませんでした(笑)。

旅屋おかえり 丘の上の賢人/原田マハ著
珈琲の相棒を求めて北海道へ。旅の代理人なんてとんでもありませんっ↑…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。