toggle
2018-04-09

僕だってダンディのアンディ!?…

あん食ってご存知ですか?
なんでも、神戸では知っていて当たり前。
そのまま、あずきの食パンでした。
神戸、舶来、おしゃれ、マダム、ダンディ…。
うらやましい、うらやましい、うらやましいっ。
“駄々をこねている場合じゃありません”とは、
「珈琲のある夕暮れ。」にご来店のレディー&ジェントルマン。
岐阜のパン職人が丁寧にこねました(笑)。
おぉ、あずきと抹茶↑。
「珈琲のあるお開き前。」に、僕もダンディに一歩近づいたか…。

Dadaの職人は駄々ではなくて、パンをこねています(笑)。感謝。。。Dadaの職人は駄々ではなくて、パンをこねています(笑)。感謝。。。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です