toggle
2019-11-06

僕だってアイドルに!?…

「珈琲のある昼下がり。」の紳士よりお借りした文庫本です。
『スマイル アンド ゴー!/五十嵐貴久著』を完読しました。
“できなくたっていい。一歩でも進めればいい”。
震災が起こって、立ち止まってもいい。
でも、そのままだったら何も起こりはしません。
保険の営業をしているサトケンが、ご当地アイドル結成の計画を立てる。
計画ではあてずっぽうで突き進む。
この子がアイドルなんて無理でしょう。
それでも決定。
やる気のある者なら、だれでもアイドルになればいい。
引きこもりの女子高生、ミュージシャンの夢破れて故郷に戻った三十路の男、
そのほかのメンバーもサトケンの方針にふりまわされます。
それでも、残り少ない時間を生きるサトケンのためにみんな、舞台を目指す。
頑張れば、アイドルの道も夢じゃない。
こんな僕でも!?…。
サトケンなら、きっとその道へと導くでしょう。
実在するアイドルをモデルにした小説です。
ご当地で、サトケンがプロデュースしたアイドルたちが、今も舞台で活躍中っ。

スマイル アンド ゴー!/五十嵐貴久著
即席ではなく、本格的に結成されたご当地アイドルは復興のシンボルです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です