toggle
2018-02-10

今そこにある危機を逃れるには…

とりあえず、「珈琲のある休息。」か…。
でも日本の危機がすぐそこまで迫っている!!
『ミッション/楡周平著』を完読しました。
今の日本、そして近未来の日本を託されるのはこの2人しかいない。
2020年開催の東京オリンピック。
特需で経済効果を狙うも、その富や豊かさを真のものと言えるのでしょうか。
“真”の富や豊かさを達成するためには、大きな壁がいくつかあります。
その壁が構築されたところで、本編は完結。
2人とは、世襲制で政治家となった若者とIT企業の風雲児です。
その地位でなければ、ヒーローになれないところを痛感もしました。
再生する日本はあり得るのでしょうか。
現実の東京都知事は小池さん。
うーん、モデルケースとならないかもしれません(笑)。

僕のミッションは、「珈琲のある読書。」。いいえ、任務ではありません。僕のミッションは、「珈琲のある読書。」。いいえ、任務ではありません。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください