toggle
2022-08-06

主人公は登場せずとも…

いよいよ、最終回か。
ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よりお借りした文庫本です。
『兇弾 禿鷹Ⅴ/逢坂剛著』-。
悪徳刑事、禿鷹は死んだはずだった。
それは真実。
でも、The Endではない。
課題の残した前作。
それが解決するまでは、決して終わりません。
禿鷹の同僚、御子柴に託した神宮署裏帳簿のコピーは、
警察庁に致命的打撃を与えるものでした。
悪事を表沙汰にする特別監査官の松国らの動きに凶悪な警部、岩動は反旗を翻す。
それは街のマフィアを操りながら、帳簿の回収に動くこと。
暗闇に次ぐ暗闇に、息つく暇もありません。
さて表紙に登場した2人の女性。
どちらかが岩動ですがどちらでしょうか。
もう一人は意外な人物です。
彼女の決して正義ではありませんでした。
禿鷹は登場せず。
それでも、作品は成立する強烈で魅力のあるシリーズでした。

兇弾 禿鷹Ⅴ/逢坂剛著
間もなくお盆休暇。1日数十分は読書に費やします。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。