toggle
2020-03-07

中学時代は水泳部に所属も…

「珈琲のある正午前。」にご来店の淑女は、フーテンのカヨ!?…。
彼女からお借りした文庫本を完読しました。
『フーテンのマハ/原田マハ著』-。
“旅が好き!”という著者のエッセイです。
クルマではなく、電車やバスで旅するのが大好き。
目的はあるものの、途中で何が目的だったのかわからなくなる。
まさに寅さんそのもの。
今やスマホの時代で、編集者も連絡できた際は”今、どちらへの旅の途中ですか”。
日本のみならず世界中に飛び回っています。
ふむふむ、毎日、多治見のあそこに行けば、年に1回の確立で著者に会える(笑)。
そして著者は幼きころのライバルはピカソだったことには笑えました。
今や遠き存在となったピカソを題材に、小説を書いています。
ピカソをライバルすら思ったこともない僕は、やっぱり凡人でした。
でも、著者がぜひとも所属したいと思っている部活への入部は同様です。
それは、寒い日に暖かいものを囲むネコたちの活動。
ストー部です。
なんなら、部長に立候補してもいいくらい。
ストーブの前で大活躍しましょう(笑)。

フーテンのマハ/原田マハ著
フーテンのアンディ!?…。いえいえ、ゆーあで「珈琲のあるおもてなし。」の毎日です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です