toggle
2021-09-06

世界中で僕だけだったかもしれない…

パラリンピック観戦で一番の心残りは、車いすバスケットボールの準決勝。
第1Qのところで、日本は英国に大差をつけられていました。
攻撃は惜しくもミスショット。
守備は堅実ながら英国チームは確実にスコアを伸ばします。
これが世界の壁というものか…。
そろそろ眠ろうかな、それとも観戦する?…。
選んだのは前者で、その時点で観戦をやめて消灯しました。
そしたら、翌朝の新聞をみてびっくり。
なんと逆転して決勝進出じゃないですかっ(驚)。
諦めの気持ちがあったのは僕だけでした。
もっと観戦したい、もっと応援したいっ。
そんな気持ちの高ぶりを残したまま、パラリンピックがお開きとなりました。
感動をありがとうっ↑…。

パラリンピック閉幕
歓喜の余韻のあるまま、パラリンピックが閉幕。諦めない気持ち、大切です…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です