toggle
2022-10-05

一国を動かすのは一杯の!?…

ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よりお借りした文庫本です。
『トップリーグ アフターワーズ/相場英雄著』-。
かつての同僚を裏切って、史上最年少で特別編集委員となった男が主人公です。
その男とは大和新聞の政治部で、官房長官のトップリーグとして活躍していた松岡直樹。
一方、裏切られた同僚とは大手出版社の週刊誌でスクープを連発していた酒井裕治です。
彼は京都で小さな学習塾を開いていたが、ある日元同僚の大畑康恵が現れた。
「酒井さんの仇討ちをします」。
仇とは、松岡直樹か。
永田町激震のノンストップ政治エンターテインメント。
敵は味方となって、味方は敵となって。。。
昭和の大事件が公に暴かれたとしても、彼らは出世したわけではありません。
さぁ、特別な入口で官邸へと向かいましょう(笑)。

トップリーグ アフターワーズ/相場英雄著
ペンで一国を動かすことができるのか。1杯の珈琲なら可能でしょう…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です