toggle
2019-08-05

レール工事の後は…

力づくです。
力づくで隣の倉庫からゆーあへとつづくドアを開けました。
この作業は、もう半年以上をつづいています。
きっと、梅雨で木製のドアがゆがんだのでしょう。
また、乾燥した日がつづけば元に戻る。
去年と同様。
“あれっ、このドア傾いてないか?”とは、夕暮れにご来店の友人です。
あらら、確かにレールの端が若干落ちている。
これは、本格的に直すしかありません。
脚立にドライバー、トンカチとそろえたところで工事開始。
トントン、カチカチ、トントン、カチカチって珈琲豆を挽いている音ではありません。
1時間経過。
果たして、ドアは滑らかに右へ左へと移動しました。
ふぅーと安堵のため息。
友人も僕もTシャツが汗でベタベタなところで大笑いです。
水出し珈琲と草餅で、ほんの15分ばかりお疲れ会でした(笑)。

汗をぬぐったところで、滑らかになったドアの前でお疲れ会でした(笑)。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です