toggle
2014-02-11

ヨコになって「珈琲のある休息。」をすると…

文庫本でみちのくの旅は順調です。
好んで「珈琲のある昼下がり。」の紳士よりお借りしている”みちのく麺食い記者”シリーズ。
今回は”完黙”を完読しました。
表紙から察するに、すでにTV放送したようです。
麺食い記者が髙嶋くんで、田名部警視が渡辺くん。
少しどころかかなりイメージが違います。
まっ、表紙は見なかったことにして。。。
ストーリーは”8″がキーワードなのですが、ヨコになって読んでみると前半が省略できます。
しかし、麺食い記者はいつも事件>麺で大変。
ごくごくたまに登場するので、麺>珈琲としておきましょう。
ちなみに今まで、麺食い貴記者が「珈琲のある休息。」のシーンがありません。
田名部警視であったり、キーパーソンとなる人物が過ごしています。
さて、紳士は旧正月が明けて再び中国へと赴きました。
彼が帰国の前に、まだお借りしている20冊以上ある文庫本のうち、数冊は完読しましょう。
もちろん僕は、8が∞に見えるスタイルで読書。

田名部警視は190センチの大柄の設定です。黙っていられない性分なの僕なもので…。小説の田名部警視は190センチの大柄です。黙っていられない性分の僕なもので…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です