toggle
2018-12-26

メロンに乗ってどこへ行く!?…

コブラツイストは究極の固め技か…。
「珈琲のある昼下がり。」の紳士よりお借りした文庫本。
『夢の検閲官 魚藍観音記/筒井康隆著』を完読です。
10編の短編集で、筒井ワールド全開でした。
「シナリオ・時をかける少女」-。
角川映画の代表作ですが、このシナリオでは観客動員数が激減でしょう。
きっと、いや絶対に原田知世はヒロインを演じない?
でも、本編は新潮文庫の発行ですが、カドカワでも歓迎したかもしれません。
寝ている間、検閲官が大活躍しないことを望む(苦笑)。

孫悟空は筋斗雲だけど、メロンに乗れば目的地が変更に!?…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です