toggle
2016-12-21

ミステリーはミステリ!?…

どちらも正しいのでしょう。
「珈琲のある昼下がり。」の紳士からお借りした文庫本。
『新世界/柳広司著』を完読しました。
でも世界には正しくないことは多々あり…。
果たして、新世界はどうか?
原爆の父と呼ばれるオッペンハイマーにまつわるミステリーでした。
調査の末、ラビが覗き込んだ闇の狂気とは何だったのでしょう。
正気の人間の行為とは…。
苦しさや悲しみ、楽しさや喜びが交差した時代背景がありました。
ちなみに僕は”英雄”ではありません。
高校時代、英雄くんという友人がいました。
でも、”えいゆう”ではなく”ひでお”。
Heroでもなく、Hideoです…。
よし、「珈琲のある読書。」をはじめましょ。

「珈琲のあるおもてなし。」こそが、僕の正気です。僕の正気は、やっぱり「珈琲のあるおもてなし。」でしょう。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です