toggle
2019-03-13

ママチャリでレースに!?…

いつもゆーあで「珈琲のある昼下がり。」をお過ごしの紳士。
春めいてきました。
間もなく、自転車でのご来店となるでしょう。
彼よりお借り文庫本を完読しました。
『スマイリング/土橋章宏著』。
トライアスロンにチャレンジしたいと言い出した友人がいます。
マラソン大会の出場経験がありますが、スイム&ランはまったくの未体験。
“水泳は平泳ぎでもいいかな?”って、その質問だけでチャレンジは無理でしょう(笑)。
“自転車は高校に通学していたときの自転車でいいかな?”…。
もう無理ですっ。
ところが、無理でないことが本編でわかりました。
要するにやる気次第です。
主人公の関口俊太は函館市内の中学校に通う中学生。
家庭に恵まれない彼は、商店街にポツンと佇む自転車屋のおやじをタッグを組む。
ママチャリを改造したバイクで挑んだツール・ド・函館の結果は如何に!?…。
ちなみに友人は通勤用の自転車を改造してレースに出場する意欲はないでしょう。

自転車で30キロ先の北海道へ!?…。本日、車で大北海道展で名古屋へGo!ですっ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です