toggle
2021-08-19

ピカピカでもかなり古くレアなもの…

“何これ?”とは、「珈琲のある休息。」にご来店の淑女。
10日ほど前から喫茶の小上がりスペースの前に古びたタイヤがあります。
タイヤの歴史を熱く語る一人の紳士。
そして彼の語りに共感してしばらく置かせてもらっている次第です。
古くはなく、新品そのものにみえる?
いいえ、彼が丁寧にシリコンスプレーを吹いて磨いてピカピカにしたタイヤ。
まだ彼の元には、まだ珍品と言ってもいいような飛行機のお宝グッズがあるみたい。
それもまた次回見せてもらいましょうっ↑。

零戦のタイヤ
戦争当時に使用していたブリジストンのロゴを付いたタイヤです…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です