toggle
2019-05-15

ドバラダ門だよ、全員集合!?…

大河ドラマ『西郷どん』でBGMにジャズが流れていたのでしょうか。
しかも、ソロのピアノです。
「珈琲のある昼下がり。」の紳士よりお借りした文庫本を完読しました。
『ドラバダ門/山下洋輔著』-。
著者と言えば、日本を代表するジャズのピアニストです。
そして彼のお祖父ちゃんは、
なんと明治維新で活躍した西郷どんとも縁のある人物だった!?…。
祖父で建築家の山下啓次郎の経歴を追った小説。
それは、タイムトラベラーとなって史実を知ることとなりました。
コンサートには西郷隆盛や大久保利通、川路利良がセッション。
ドラバタ門の前は、ドタドタになったに違いありません。
山下洋輔の演奏に載せて表現された『西郷どん』。
そして、第1回目のどこかで出演していたそうです。
お祖父ちゃんも、さぞ大喜びだったことでしょう(笑)。

著者が「明治の五大監獄」を造ったの祖父に、タイムスリップして会いました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です