toggle
2023-01-21

“ティースっ”はあいさつじゃない!?…

キャラメル大好き。
固いうちにころころ、ころころと口の中で転がしていると、
なんとひとつ増えたではないか。
でもそのひとつはもっと固くてとげとげしている。
あっ、これは歯の詰めものだー。
歯医者には行きたくない、でも行かなくてはならないのか。
なぜ、歯医者に行きたくないのか。
普通なら行きたくないのは当たり前でしょう(笑)。
ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よりお借りした文庫本です。
『シンデレラ・ティース/坂木司著』-。
ティースってヤングのあいさつかと思っていたら違うみたい。
大学2年生の夏に、サキは母親の計略に引っかかり、
大嫌いな歯医者で受付のアルバイトをすることになってしまう。
個性豊かで、患者に対し優しく接するクリニックのスタッフに次第にとけこむ彼女。
しかし歯医者に持ち込まれるのは歯の治療だけでなく、
患者の心に隠された大事な秘密もありました。
隠された秘密を見つけ、そこも治療するのが歯医者の仕事?…。
サキの忘れられない夏休みがはじまりました。
そして夏休みが終わろうとしているころ、彼女はある決心をします。
きっとお分かりでしょう。
そこからホントのシンデレラ・ストーリーがはじまるんじゃないかしら(笑)。
あっ、詰めものが外れたのは小さいころの思い出です。
なので現在、歯医者に行く必要はありません。
しっかり磨こう、ゴシゴシ、ゴシギシっ。

あのキー。キキーン!!って音はだれだって好きにはなれないでしょ。でも治療は大切…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です