toggle
2021-01-27

サイダーでもローでなく、ど真ん中…

ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士からお借りした文庫本です。
『アウトサイダー 組織犯罪対策部 八神瑛子Ⅲ/深町秋生著』-。
美人刑事の八神瑛子は、なぜアウトローになったのか。
自殺とされた夫の死の真相が判明するのに、あと一歩。
執念で掴んだ手がかりは、新宿署の五條の存在だった。
敵は本陣にあり!?…。
権威と暴力で闇社会を支配する内部の連中に、命を懸けて闘いに挑みました。
硝煙の向こうに追い求めた真実が明かされた今、八神は何をするのでしょう。
明けても、警官としての在り方について富永署長との対決はある、ない?…。
ともに、異動や辞職届を拒みました。
上野界隈は、今日も舐めてはいけない警察官で治安が守られている!?

アウトサイダー 組織犯罪対策課 八神瑛子Ⅲ/深町秋生著
最凶美人刑事の奮闘が終わってしまいました。ひょっとして、まだつづきがある!?…



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です