toggle
2021-06-30

クイズに正解しても焦りは募るだけ!?…

初めて飛行機に乗ったのは小学3年生のとき。
家族で沖縄旅行でした。
小牧空港まで新岐阜発のバスに乗ります。
なんと、寝不足が原因なのかバスで酔ってしまいました。
飛行機が離陸するときもフラフラのまま。
クスリを飲んで、目が覚めたらすでに那覇空港に到着です。
2時間ちょっとの空の旅。
できることなら元気なまま楽しみたかったです。
でも、目を閉じている間にパイロットがクイズに回答していたら?…。
アメリカでコンピューターウイルスの感染を打開するため、
あらゆる組織のあらゆるスタッフが懸命に阻止策を練っていたのかもしれない。
「珈琲のある週末。」の紳士よりお借りした小説を完読しました。
『クラッシュ/楡修平著』-。
ネット社会に復讐を目論んだ天才プログラマー。
彼女は決して世界中をパニックに陥れようとしたわけではありません。
上空にいる飛行機の着陸許可がまだ出ない。
僕が目を覚まして気分が快調であったとして、
まだ空の旅がつづいていたと知ったら、喜んでいたでしょうか(笑)。
なかなか飛行機での旅はできそうにありませんが、
本題を思い出したとき、飛行機に乗るのにちょっとためらうでしょう。

クラッシュ/楡修平著
ためらうのは少々。空の旅を多々楽しんでいるでしょうっ↑。アテンション、プリーズっ…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です