toggle
2015-06-21

アンディ、45歳のストーリー。さて焙煎です。↑…

その”Age”でもありました。
「珈琲のある昼下がり。」にご来店の紳士からお借りした文庫本を完読です。
『エイジ/重松清著』-。
主人公はバスケットの有望な選手で学業もトップクラスの中学2年生のエイジです。
ところが成長期だからこそよくある足の痛みで部活を挫折することになり、
さらには通り魔事件の犯人が同級生だったことから中学生活が二転三転するストーリー。
“キレる”のか”キレない”のか、ガタっと落ちた成績が再浮上するのかも気になるところでしょう。
そして大好きな女の子がいると友人に公言するのですが、
果たして親友を慕う彼女に告白するのか否か。
ティーネイジャーの人生が気になるアンディ、45歳のストーリーは今日も”さて焙煎です。”でした。
焙煎が終了するころ、やっぱり「珈琲のある昼下がり。」にご来店は紳士です。
おっと、”数冊の文庫本をご持参”ともお伝えしなければなりません(笑)。
『峠うどん(上)(下)/重松清著』はまだまだ先となるでしょう。
皆さん、「珈琲のある読書。」で梅雨明けを待ちわびませんか。

バレー>サッカー>バスケットが僕の球技の順番です(笑)…。バレー>サッカー>バスケットが僕の球技の順番です(笑)…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です