toggle
2022-11-23

わたしは僕でも、ここはどこ!?…

最近はあったかい布団にくるまってぐっすりと眠れています。
目が覚めたら、ベッドの上。
いつもどおりに起きて、「珈琲のある朝。」の準備でしょ。
あれっ、ここはどこだ。着ているものも違う!!…。
ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よりお借りした文庫本です。
『病棟時限/知念実希人著』-。
目覚めると、僕は病院のベッドで点滴を受けていた!?…。
なんでこんな場所にいるのか。
しかも、病院とはわかってもどこの何科の病院なのかもわからない。
監禁された男女5人が脱出を試みます。
ピエロからのミッションを6時間以内でクリアしなければならない。
手術室の男に過去にあった2つの怪事件…。
病院外ではある刑事も別の事件で病院の謎を迫ろうとしている。
さあ、リアルなクイズがはじまりました。
僕はたまの閃きで、みんなをあっと驚かせることがあります。
偶然の連続で時間いっぱいで病院を抜けられるのはまず無理か。
あっ、”一体だれが”のだれですが、まさかの人物でした。
もっと早く明かしてくれたら、時間の無駄を省けるのに…。
って、それではミステリーにはならないでしょ(笑)。

そして、翌朝。僕はいつものように我が家のベッドで目が覚めました(笑)。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です