toggle
2014-02-06

ようやくみちのくの旅へ…

「珈琲のある昼下がり。」の紳士よりお借りした、”みちのく麺食い記者シリーズ”。
今回も寝転びながらの完読で、佐渡と酒田への旅でした。
麺食い記者こと、宮沢賢一郎はどこに行くにも事件がつきまといます。
風光明媚な東北の街で、起きた事件の真相に彼は迫り…。
今ごろ、みちのくは豪雪でしょう。
僕も麺食いですが、事件はまっぴらご免。
しんしんと雪降る街の麺処でふぅふぅしながら麺をすすっていたいものです。
ちなみに好んで「珈琲のある昼下がり。」にお越しの紳士は、麺食いではありません(笑)。
なので、ゆーあで著者の相場英雄の話題は盛り上がりますが、麺談義には花は咲きません。不思議。。。

自称、麺食い焙煎士の僕。今夜は味噌煮込みうどんをすすります。自称、麺食い焙煎士の僕。今夜は味噌煮込みうどんをすすります。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です