toggle
2014-09-06

ゆーあは紫蘇ジュースで夏バテ知らず

すっかり秋めいて来ました…。と、もの想いに更けっているのは「紫蘇ジュースのある休息。」のときでした。
朝夕と幾分かは涼しくなったとは言え、晴れた日は30度オーバーは続きそう。
それでは、なぜ秋めいたのか…。
“大人のおしゃれ手帖”の特集は『秋は大人の季節です』-。
やっぱり季節を先どりってことで、ペラペラしながらすでに冬支度の前の気分になった次第でありました。
ペラペラするとお洒落して、アートに誘われ、京都へ行って、小さなお店の始め方を勉強して、
それからおからをおいしくお腹へと迎えよう!っていう順番。
僕のお腹がぐぅーと鳴らせるキーワードは、”ごぼうと生姜のおからつくね”。
手の平にちょこんとのりそうなまるいつくねに食欲がそそりました。
手羽先、はつに皮からラバーへ。それからようやく、つくね…。
僕にとって焼き鳥では、いつも後回しのつくねですが、なぜキーワードとなったのでしょう。
まさに”食欲の秋”が近づいているからでした↑。
その隣の”おからときのこのクリームグラタン”もいいっ!!
また、ペラペラするのは改めて”大人のおしゃれ手帖”は「珈琲のある週末。」のマダムにバトンタッチ。
そうそう、巻末のレギュラー頁”Time is Body”で、清水ミチコは梅のジュースで夏バテ知らずと語っていました。
僕は、紫蘇のジュースで夏バテ知らずでーすっ!!

皆さんは、「珈琲のある休息。」で秋を先どりしましょう。皆さんは、「珈琲のある休息。」で秋を先どりしましょう。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です