toggle
2018-02-14

ゆーあは●〇で表記します(笑)…

愛妻の友人からお借りした文庫本。
『星がひとつほしいとの祈り/原田マハ著』を完読しました。
今日はバレンタインデー。
この短編集はこの日に読むのにはふらわしくないのかもしれません。
自ら決断したり、自然であったり、世の中の背景であったり…。
それは、ヒロインの”別れ”があるからです。
でも、「椿姫」の最後の場面に登場する一粒の椿は素敵な贈りものなのでしょう。
そして「長良川」-。
母と娘、そして未来の息子が毎年恒例の花火大会前日に岐阜の宿を予約します。
なぜ父はいないのか…。
親しみのあるロケーションで、物語は繰り広げらるのでした。
名古屋弁にも近いネイティブな会話がありますが、そんな言葉聞いたことがない(笑)。
鵜飼を楽しんだ3人。
母の決断が迫りました。
たとえ、どんな決断になろうとも、
今年も花火大会前夜に鵜飼を満喫することに変わりないでしょう(笑)。
やっぱり、バレンタインデーに読むにふさわしい。
★3つ。
いいえ、ゆーあの表記は〇と●です。
なので、ブラジルの苦味は●●●●〇っ!!

ちなみにゆーあブレンドの甘味は、●●●●〇でーす(笑)…。ちなみにゆーあブレンドの甘味は、●●●●〇でーす(笑)…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です