toggle
2022-10-01

ゆーあに裏アカウントあり!?…

ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よりお借りした文庫本です。
『嘘つきは殺人鬼の始まり/佐藤青海著』-。
泥棒だって穏やかじゃないのに、殺人鬼とは恐ろしい…。
嘘のつき方は、今や声で発するでなくSNSでした。
就活生のSNSアカウントを探して特定すし、個人情報を企業に密告。
そんな商売をはじめた探偵の塩崎真人が主人公です。
彼の調査のせいで試験に落ちたといって押しかけてきたのは茉百合。
大学生の彼女は強引なまでに詰め寄り、なぜかバイトとして雇うよう迫る。
しかしある日、茉百合が見つけたとあるアカウントをフォローして以来、
真人がネット上で知り合った人たちが次々と殺人犯の標的となり。。。
始まりがあれば、終わりもあります。
裏カウントを駆使した結末に反省の色をあったのか、なかったのか?

嘘つきは殺人鬼の始まり/佐藤青海著
みんなには言えない負の訴え。そんなものは裏にも出すべきではありません…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です