toggle
2017-10-14

ゆーあで雑誌の頁をめくる淑女より↑…

馴染みの淑女がいつもの席で「珈琲のある朝。」です。
そして雑誌をぺらぺら。
その雑誌に紹介していたのが『隣の女/向田邦子著』でした。
彼女からバトンタッチで完読です(笑)。
温かい眼差しで恋愛を紡いだ短編集。
隣りの女に憧れて、また隣りの女は平凡な私に憧れていたのか?…。
“変わらなきゃ”の気持ちはあるものの、そのままが素敵なのかもしれません。
見栄を張る恋も王道なのかもしれません。
しかしながら、僕も背伸びした青春時代がありましたが失敗したのはおかしい(笑)…。
彼女は巻末のBookの頁を開いてメモしています。
きっと、帰りにブックストアにお立ち寄りなのでしょう。

POPEYE-。オアシスの大久保佳代子推薦でーす(笑)。POPEYE-。オアシスの大久保佳代子推薦でーす(笑)。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です