toggle
2018-11-14

やっぱり無作法な犬頭くんは…

相棒は、無敵のワンワン、ワンか。
「珈琲のある昼下がり。」の紳士よりお借りした文庫本を完読しました。
『問題物件/大倉崇裕著』-。
日本でも有数の不動産販売に若宮恵美子が入社しました。
なぜ、畑違いの勉強をしていた私が!?…。
彼女は担当するのは不動産ではありません。
前社長の遺児で難病に苦しむ雅弘の世話役を命じられる。
ところが、急きょ突然の異動がありました。
そこはクレーム対応専門部署。
上司も部下もなし、たった一人でクレーム処理する…。
無理難題な物件解決。
解決する手段はひとつだけ、退職届けを出すしかない?
ところが助っ人に、探偵を名乗る犬頭光太郎が現れ、ワンワンワン。
どうもその犬頭、冒頭から登場するアレじゃないの?
ご主人のために東奔西走。
解決に解決を重ねた恵美子に出世はあるのでしょうか。
まさか、出世に向かって米国へGo!なわけではありません(笑)。
おっと、紳士より大倉崇裕著の文庫本を数冊届きました。
ワンワン、ワーン。
読みます読みます、読みましょうっ。

僕なんて、数時間かけてワードプレスの警告を解決(苦笑)…。僕なんて、数時間かけてワードプレスの警告を解決(苦笑)…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です