toggle
2018-05-02

やっぱり、たかのお父さんは…

「珈琲のある昼下がり。」の紳士はもちろんっ↑…。
『とんび/重松清著』を完読しました。
”鳶が鷹を生む”-。
そんな展開なのでしょうか。
いいえ、”鷹が鳶を生む”なのかもしれません。
父親のもとへ、息子が戻るところで完結するのですが、息子も鳶ではなかったか。
学業の成績はイマイチ。
正しいことを素直に認めない父親はやっぱり鷹でしょう。
成績優秀で、東京の私立大学を現役で合格した息子。
そんな息子にとって父親は決して反面教師だったわけではありません。
あっ、カレーライスのグリーンピースを残すところは鳶かも(笑)…。

”不器用な男ですから”…。健さんとは比べものにならなくてもヤスさんは鷹です(笑)…。”不器用な男ですから”。健さんとは比べものにならなくてもヤスさんは鷹です(笑)…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です