toggle
2015-12-23

もちろん、「珈琲のある再会。」で↑…

『Long, Long Ago/重松清著』をLong Timeで完読です。
6つの物語は、すべて再会がテーマでした。
転校するまでずーっと誇り高いクラス女王さまだった同級生に、
不運つづきでもずーっと笑顔のままの幼馴染み、
初恋の相手を忘れられずずーっと独身のまま過ごした成年や、
子どものころのイタイ自分…。
すべては昔のことですが、やがて再会する今を迎えます。
すっかり変わっていたり、相も変わらずであったり、さらに輪をかけて状況であったり。
人生の岐路はさまざまですが、小さな奇跡で再会を起こす短編集でした。
登場する人物の皆さーん、
「珈琲のある再会。」で、”こんな人生じゃなかったんだけどな(笑)”って語りませんか。

子どものころのイタイことなんて数えられない僕がゆーあにいる…。子どものころのイタイことなんて数えられない僕がゆーあにいる…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です