toggle
2016-09-28

まだ”さよなら”ではありません…

『さよならバースディ/荻原浩著』を完読しました。
猿のバースディに言語習得実験というプロジェクトに加わっている田中真。
大学院生の由紀とタッグを組んで確実に成果をあげていき、注目を浴びはじめます。
しかし、真が由紀にプロポーズした夜に…。
それはプロジェクトを中止に追い込む衝撃的な事件が起こりました。
否、そもそもミステリーは1年前から兆候があったのか。
プロジェクトの目的とは一体!?…。
仲間だと思っていたメンバーがすべてが敵なのかもしれません。
だれを信用して、だれを疑うべきなのか。
唯一の味方はバースディのみ。
バースディの由紀との思い出を言語習得で知ったときに結末を迎えます。
ヒトとしか接したことのないバースディは、ジュースやごはんは自然のものを摂取しません。
まさか、バースディの珈琲を愛飲するシーンはあったのか(笑)。
荻原浩著の文庫本でまだ未読のものがゆーあに数冊あり。
まだまだ、さよならとは言えません。

間もなくHot珈琲の好季節到来。Ice珈琲とはしばらく、さよならか!?…。間もなくHot珈琲の好季節到来。Ice珈琲とはしばらく、さよならか!?…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です