toggle
2014-06-26

ひょっとしてホワイトバット全員のご注文も…

ご無沙汰ぶりの紳士が友人を連れて「珈琲のある午後。」。
“ようっ、新しい珈琲ってある?”。
そうですねぇ、期間限定のブレンドがありますがいかがです?
“じゃあ、それで。おい、お前はどうするね”。
“Iceにしようか迷ってたが同じのをHotで”。
夏衣ブレンド2杯分を抽出しているところで、先月よりゆーあをご愛顧のマダムがお越しです。
彼女のご注文も夏衣ブレンド。それから小倉あんのバタートーストで「珈琲のあるおやつどき。」でした。
そして次のご来店はいつものダンサーとお母さん。
さすが親子と言うべきでしょう。2人とも同時に”Ice珈琲お願いね”。
ゆーあは今、夏衣ブレンドの細挽きで淹れた珈琲を急冷にしておもてなししています。
しかし今まで夏衣ブレンド以外の珈琲は淹れていませんが…。
と思ったところで、お母さんが”私はアメリカンのIce珈琲にしてね”。
ここでブラジルの浅煎の珈琲豆が登場です。
それからしばらくして仲良しマダムがお越しなわけですがご注文は…。
“おまかせ珈琲とおやつセットを2つ”でした。おまかせとはひょっとして、夏衣ブレンド!?
いいえ、お2人は「モカとパウンドケーキのある夕暮れ。」をお過ごしでした。
本日の手ぬぐいはハットをかぶったガイコツくん。彼らは黄金バットならぬ、ホワイトバットでしょうか。
“さて焙煎です。”の際に顔をふくのに大活躍。明日はどんな手ぬぐいでふきましょうか。
とにもかくも明日の焙煎は必須です。まずは夏衣ブレンドにブレンドするタンザニアの珈琲豆から”さて焙煎です。”。

ホワイトバット曰く、"ケケケケケケ、俺たちも全員夏衣ブレンドで「珈琲のある休息、」!?"。ホワイトバット曰く、”ケケケケケケ、俺たちも全員夏衣ブレンドで「珈琲のある休息、」!?”。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です