toggle
2018-05-30

どんなマニュアル本よりも…

「珈琲のある読書。」にHow To 本でしょうか。
『つばさものがたり/雫井脩介著』を完読しました。
東京で修行を積んだヒロインの君川小麦。
彼女は、予定を早めて故郷でケーキ屋をはじめました。
ところが、甥っ子の叶夢から”ここは流行らない”と言われてしまう。
来年小学生になる彼が言ったことは、誰もが信用しない。
でも、それは妖精のレイからの助言だった…。
レイは妖精から天使になる試練に挑みます。
あきらめかけていた小麦も、心機一転して新しい店舗で再起を試みる。
時間はそんなにありません。
だれのも見えない翼が舞い降りたとき、”天使の大好物”はどうなるのでしょう。
ケーキ屋を開業して、成功するかしないか。
起業するためのヒントがいくつか、この物語にありそうです。
それとは別に、”スイーツ”がテーマの小説が読みたいと言っていた青年が1人。
次の文庫本の交換は、こちらを選びましょう。

ゆーあブレンドも天使の好物?…。珈琲の相棒がめじろ押しのものがたりでした。ゆーあブレンドも天使の好物?…。珈琲の相棒がめじろ押しのものがたりでした。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です