toggle
2021-11-13

と言っても次回作は冬か!?…

事件はどこで起こっている?…。
東京でも横浜でもありません(笑)。
ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よりお借りした文庫本です。
『沖縄コンフィデンシャル 交錯捜査/高嶋哲夫著』-。
那覇市内の高級ホテルで男女の遺体が発見された。
沖縄県警捜査一課の若手刑事、反町はベテランの具志堅とともに捜査に当たる。
当初は無理心中と思われたものの、米軍用地をめぐる土地取引事件との関係性が浮上。
事件の背後には、日本の表と裏の”権力”の影がありました。
1冊目で完結を迎えるかと思いきや、なんとシリーズもの。
やっぱり、本棚には残り3冊並んでいます。
各章に別の事件がありながら、”権力”の真相を追求する展開。
なかなか趣味のサーフィンを楽しみながらの捜査はできそうにありません。

沖縄コンフィデンシャル 交錯捜査/高嶋哲夫著
「珈琲のある読書。」に沖縄県警シリーズがはじまりました(笑)…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です