toggle
2017-10-28

でも、ときに「珈琲のある休息。」を…

全力で走らなければなりません。
決して、止まることなんてできない?…。
「珈琲のある昼下がり。」の紳士は、ゆるりとウオーキングかも(笑)。
彼よりお借りした文庫本を完読です。
『疾走/重松清著』-。
上と下を並べると苦悩する顔が出来上がる。
シュウジの人生は苦悩するだけの人生を過ごすのか。
地方都市から大阪へ。
そして大阪から東京、そして地方都市へと戻る短い間に学ばなくてもいいことまで学びます。
ときに全力疾走で、ときに休息。
それでも彼に人生のつづきがあるとすれば、やり直すにはさらなる疾走が必要でしょう。
ところで疾走の反対は?…。
「珈琲のある読書。」のペースは徐行でーす(笑)。

かあちゃんの頁数も相当なもの。まっ、徐行で読みましょうか↑。かあちゃんの頁数も相当なもの。まっ、徐行で読みましょうか↑。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です