toggle
2019-04-10

だから薔薇には刺がある!?…

“いれずみ”って、入墨以外にもありました。
刺青って書くんですって。
「珈琲のある昼下がり。」の紳士からお借りした文庫本です。
『刺青白書/樋口有介著』を完読しました。
いちご白書でなく、刺青白書。
女子学生、三浦鈴女の中学時代の同級生には右肩に刺青跡がありました。
赤い薔薇の刺青は何を意味するのでしょう。
刺青同様に消したかった過去とは何か。
今回の事件のレポートを依頼されたフリーライターの柚木草平と鈴女。
ちなみに鈴女はすずめと言います。
冴えない人生を送る2人は、冴えないまま解決を迎える!?…。
草が雑草でなくなり、すずめももっと空高く飛べますように。
特別、後者はまだまだ青春時代。
果てに大恋愛が待っているのかもしれません。

刺青は薔薇。やっぱり刺がありました。入墨でなく刺青です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です