toggle
2017-01-07

たとえTVがなくても…

次なる五輪は東京です。
会場までライブ観戦するか。
それが駄目ならTVでしょう。
今や、TVがなくても観戦するツールはどれだけでもあります。
そして3年後、想像もつかない方法で観戦できるのではないでしょうか。
でも、1964年の東京五輪は…。
「珈琲のある昼下がり。」の紳士からお借りしたのは『薔薇盗人/浅田次郎著』-。
愛と涙の短編です。
「ひなまつり」-。
弥生ちゃんは、モノクロのTVで裸足のアベベを応援するのでしょう。
ちっちゃなひな人形を1日片づけを遅らせたことできっと幸せなことがあるハズでした。
やがて半世紀近くが過ぎて…。
壇のあるひな人形はもう憧れのものではないのかもしれません。
弥生婆ちゃんは、どうやって東京五輪を観戦するのか気になるところ。
ところで、僕は暦が弥生となるまでにどれだけ「珈琲のある読書。」で頁をめくるのか↑。

思い通りにものが運べないのが人生か…。ほんの少し否定しましょ(苦笑)…。思い通りにものが運べないのが人生か…。ほんの少し否定しましょ(苦笑)…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です