toggle
2018-06-02

そーっと駒を抜くことにわくわく感が…

“ふ”は前しか進めません。
そして”角”になることもあります。
僕の知っているのはこの程度。
ちっちゃいころに慣れ親しんでいたらと何度も思っています…。
『死の天使はドミノを倒す/太田忠司著』を完読しました。
被害者と容疑者、検事と弁護士。
そしてその家族の本当の願いは何なのでしょう。
本当のことなんて、誰も知らないのかも。
頁をめくるにつれて、極刑を望んでみたり、刑を軽く望んでみたり、
はたまた無罪を望んでみたりと僕の心は、二転三転します。
行方不明になった人権派の弁護士の正体は?
罪悪な容疑者を弁護する彼(?)を快く思わない兄にもサプライズはありました。
兄とジャーナリストは、「珈琲のある待ち合わせ。」を繰り返します。
待たされるのはいつも兄…。

6月ー。「Ice珈琲のある読書。」の頻度が高くなるでしょう↑。6月ー。「Ice珈琲のある読書。」の頻度が高くなるでしょう↑。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です