toggle
2022-04-30

そもそものはじまりを知る…

またまた、いつものコンビが大迷走!?…。
ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よりお借りした文庫本です。
『配達される女/逢坂剛著』-。
あらら、順番が逆だったか。
コンビとは御茶ノ水署の生活安全課保安二課の斉木と梢田のこと。
彼らにもう一人、さらに一人とメンバーがいるはずなのにいない。
それもそのはず、これはシリーズ第2弾でした。
まずは、斉木にとっては部下であり、梢田にすれば上司(?)となる人物の登場。
五本松小百合との出会いからはじまります。
そして、斉木が一目ぼれした厚化粧の女性の登場も同時に進行。
お茶の水界隈で繰り広げられる、恋と事件の数々がこれよりはじまるのでしょう。
大半はすでに知っている(笑)。
五本松小百合よ、生活安全課保安二課の色に染まってしまったか。

配達される女/逢坂剛著
ときがときなら、なんちゃらハラスメントの応酬ですぞ…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。