toggle
2018-02-15

“その意図は?”で談笑でした…

「日本は、義理チョコをやめよう」-。
なんとも、大胆な新聞の広告です。
その意図は何でしょう。
「珈琲のある休息。」の議案となりました。
もちろん、そのときの相棒はチョコレート。
これは、間違いなく義理チョコではありません。
ちなみに僕は、ゴディバに異を唱えます(笑)。
(笑)?…。
チョコレートだけに、ゴディバには異を唱えます(苦笑)。
苦味がなくてはならぬ、翌日でした。

「珈琲のあるバレンタインデー。」。感謝を込めてのチョコに大感謝です。「珈琲のあるバレンタインデー。」。感謝を込めてのチョコに大感謝です。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です