toggle
2022-06-04

その宝探しにのった!?…

ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よりお借りした文庫本です。
『宝を探す女/逢坂剛著』-。
ハードボイルドの岡坂神策シリーズも、もうこれでおしまいか。
ある晩、ひったくりにあった女を助けた岡坂。
あれっ、彼女はどこかでみたことがある!?…。
その女は、東京御茶ノ水に埋まっているという幕末の埋蔵金探しを持ちかける。
岡坂はそんなうまい話にのるのか。
女がほかに集めた面々も、ひとくせふたくせもある者ばかり。
金目当ての者どもは質が悪い?
えっ、うそでしょ。
タキシードを着て、ご来店とは驚くばかりです。
御茶ノ水に埋蔵金が隠されているかは別にして、試された者どもの人情は厚い。
ほか、失踪した男の近所で起こった殺人事件の真相や、
ある女子中学生が転落死した事故の謎などに、岡坂は迫ります。
なかなかおいしい仕事はまわってこない。
いや、今度こそっ(大笑)。

宝を探す女/逢坂剛著
すらすらスペイン語が話せるインテリなのに、金になる仕事がまわってこない(苦笑)…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。