toggle
2017-06-18

そしてチンカラリンロンと…

おっ、聴こえてきたっ!!
“チンカラリンロン やってくる♪”。
それは、ロバのパン屋でした。
クルマでなく、ロバが牽いてやってきたのは僕が小学生のころまで。
“僕が20歳のころまで、ロバが屋台を運んできたのに(苦笑)”とは、ダンボールアートの紳士です。
あれっ、また聴こえてきたっ!!
でもだんだん遠のいていく…。
こうなったら、小銭を握りしめて追いかけるしかありません。
おーぃ、待ってくれーっ!!

「珈琲のあるおやつどき。」にジャムパンをひとつくださいなっ↑。「珈琲のあるおやつどき。」にジャムパンをひとつくださいなっ↑。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です