toggle
2018-04-15

そしてもう一杯↑…

“おかわり”って感じでしょうか(笑)。
“もっとおかわり”が正しいのかも。
『もっとミステリなふたり/太田忠司著』を完読しました。
『ミステリなふたり』の続編です。
つまりは珈琲2杯目。
仲良し夫婦が事件に挑む。
捜査一課の婦人が権力で正義を貫きます。
その影にイラストレーターの夫の力ありか。
名推理で、8つの難事件を解決。
最終章では、危うく夫の正体が明らかになるところでした。
ということは、つづきがあるのかも。
1杯目にはゆーあブレンドで、春闌ブレンドが2杯目です。
3杯目には何を選んで、「珈琲のある読書。」を過ごすべき?…。
もっと、もっと(笑)。

もっと、もっと。そしてもっと「珈琲のある読書。」です(笑)…。もっと、もっと。そしてもっと「珈琲のある読書。」です(笑)…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です