toggle
2016-01-06

そして「珈琲のある読書’16年。」のはじまりは…

「珈琲のある年末。」からお借りしたのだ真田丸にちなんだシリーズもの。
そのひとつ、『真田十勇士 巻の一/笹沢左保著』を完読しました。
九度山に隠遁する真田幸村に警戒を怠らない徳川家康。
幸村は猿飛佐助に、諸国を回り十人の勇士を探すように命じます。
佐助を含む、十人の勇士とは…。
史実とは異なった奇想天外な歴史小説です。
明智光秀は夏や冬の陣で何を企んでいるのか楽しみで仕方ありません。
「珈琲のある読書’16年。」もいよいよはじまりました。
現在に過去、そして未来へと頁をめくってみましょうか↑。

真田十勇士は全5巻。『真田丸』放送開始までに完読は難しい!?…。真田十勇士は全5巻。『真田丸』放送開始までに完読は難しい!?…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です